So-net無料ブログ作成
検索選択

-| 2011年10月 |2011年11月 ブログトップ
前の10件 | -

ないしょのつぶやき 2011/10/30 [雑記]


ないしょのつぶやき 2011/10/29 [雑記]


ないしょのつぶやき 2011/10/28 [雑記]


ないしょのつぶやき 2011/10/27 [雑記]


旧日本軍と戦った米軍ハローキティ??=博物館に展示されていたありえないアイテム―中国 [雑記]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111010-00000005-rcdc-cn
旧日本軍と戦った米軍ハローキティ??=博物館に展示されていたありえないアイテム中国

2011年10月9日、雲南網は、[シ眞]緬抗戦博物館に展示されていたバッジに日本のキャラクター・ハローキティが使われていたと報じた。ハローキティ誕生の30年も前に米軍兵士がキティを身に着けて戦闘していた計算となる。

雲南省徳宏タイ族チンプオ族自治州にある[シ眞]緬抗戦博物館。同館は1938年に完成したビルマ公路を記念したものだ。ミャンマー・シャン州のラシオと雲南省昆明市を結ぶこの道路は、援蒋ルートの一部として日本と戦う中国国民党軍を助けた。2005年、ビルマ公路の戦いをを記念して民間の博物館が設立された。

この[シ眞]緬抗戦博物館にとんでもない所蔵品があることがネットユーザーの投稿でわかった。今年の国慶節休暇に参観した楊さん、展示されていた米軍スティルウェル道路護衛隊のバッジのマークがなんと有名な日本のキャラクター・ハローキティであることに気がついた。ご丁寧にも「Kitty」という文字まで刻印されているので間違いない。

ハローキティは1974年にデザインされたもの。それから30年以上前の時代に「タイムスリップ」して日本と戦っていたことになる。突如発見されたこの「ご当地キティ」はたちまち中国ネット界のホットトピックとなっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ないしょのつぶやき 2011/10/26 [雑記]


WBC問題MLB折れた!回答期限後も交渉 [雑記]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111001-00000012-sanspo-base
WBC問題MLB折れた!回答期限後も交渉

 米大リーグ機構(MLB)アジアのジム・スモール副社長が30日、都内で取材に応じ、2013年第3回ワールド・ベースボールクラシックWBC)について、出場の回答期限とした30日以降も協議を継続する考えを明かした。

 日本は代表スポンサー権などの譲渡を求め、出場表明を保留している。スモール氏は「絶対的な期限ではない。日本に代わる出場国と(東京ラウンドの)代替開催地を探し始める」と説明し、10月以降は1次ラウンドの台湾開催などを準備することを示唆した。

 その上で「(条件面の)交渉は今後はないと考えているが、話し合いは続ける。われわれもアジアラウンドを東京で開催したい強い希望を持っている」と話した。また、条件変更がない場合の不参加を決議した日本プロ野球選手会には「彼らの主張通りにすれば参加チームは3つか4つになる」と批判した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ルパン声優変わる!銭形役に山寺宏一 [雑記]

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/531229/
ルパン声優変わる!銭形役に山寺宏一

 声優、山寺宏一(50)が、日本テレビアニメルパン三世」シリーズの最新作で12月2日放送の「ルパン三世 血の刻印~永遠のMermaid~」(後9・0)で銭形警部役を演じることになり9日、都内での制作会見に出席した。

 山寺は銭形について「大好きなキャラ」と喜んだが、1971年の第1シリーズから銭形役を務めてきた“大先輩”の声優、納谷悟朗(81)の後任だけに、「少しでも近付けるようにしたい」と緊張の表情も浮かべていた。ルパン役は引き続き栗田貫一(53)。石川五ェ門役を浪川大輔(35)、峰不二子役を沢城みゆき(26)が新たに担当する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「ロリータで町おこし」 茨城県下妻市でイベント [雑記]

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/532657/
「ロリータで町おこし」 茨城県下妻市でイベント

映画「下妻物語」(2004年公開)の舞台となった茨城県下妻市で23日、深田恭子さん扮するヒロインの竜ケ崎桃子が着ていた「ロリータファッション」のコンテストやファッションショーがあり、個性的な衣装に身を包んだ愛好家らの熱気に包まれた。

 ロリータファッションは中世ヨーロッパのドレスに日本独自のアレンジを加えたもので、少女っぽいレースやフリルが特徴。「下妻物語」の公開を機に人気が高まり、地元商工会などが今回のイベントを企画。

 「第2の竜ケ崎桃子」を選ぶコンテストには山形、兵庫、福岡などから35人が参加。大きなフリルが付いた真っ白のドレスを着た川崎市多摩区の細川唯さん(24)が優勝した。

 審査員を務めた稲葉本治下妻市長は「下妻はいわばロリータ発祥の地。地域活性化の起爆剤としたい」とし、細川さんをPR大使に起用する考えを示した。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

GACKTのハリウッド初進出作『BUNRAKU ブンラク』日本上映決定 [雑記]

http://www.barks.jp/news/?id=1000074372
GACKTのハリウッド初進出作『BUNRAKU ブンラク』日本上映決定


GACKTのハリウッド初進出作『BUNRAKU ブンラク』の日本上映が、2012年1月14日(土)から新宿ピカデリーほか全国で決定となった。

ハリウッド映画初出演となるGACKTが演じるのは、実力派俳優ジョシュ・ハートネットとパートナーを組む、侍・ヨシだ。ウディ・ハレルソンやロン・パールマン、デミ・ムーアといったそうそうたるキャスト陣が出演している本作の中で、GACKTは準主役として、剣術や槍術を披露し、その存在感を遺憾なく見せつけている。

英語での撮影、アクションシーンはスタントを使わず全て自身でこなし、堂々のハリウッド進出を見せつける。そんな本作への出演のきっかけは、監督のガイ・モシェが、NHK大河ドラマ「風林火山」での彼の上杉謙信を見たことからだという。監督自ら日本にオファーをしに来たほどGACKT出演を希望しての出演だったのだ。熱い物作りの姿勢に心を打たれたGACKTはこの出演を快諾、この度、日本での上映も無事決定となったわけだ。

日本の古典芸能である“文楽”からインスパイアされて生み出された本作だが、決して古典ではなく、最先端のビジュアルで展開されるスピード感と迫力に満ちたアクションと練りに練られたシナリオに、『BUNRAKU ブンラク』の魅力がある。そこに和のテイストや、漫画やTVゲーム、演劇、マカロニ・ウエスタン等を思わせる演出要素を盛り込んだ、まったく新しいエンターテインメントとして登場する作品だ。
タグ:Gackt
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
-|2011年10月 |2011年11月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。